借り入れのカードローンとキャッシングとは

カード・ローンとは、融資を受けるときにカードを使うサービスを指します。
元々は消費者金融が提供していたサービスで、現在ではクレジットカード会社や銀行も同じようなサービスを提供するようになってきました。
カードを使うという利用形態を表す言葉です。
これに対してキャッシングとは個人向けの融資のうち担保を必要としないものを指す場合が多いです。
担保として設定できるような資産がない人でも利用できるというメリットがあります。
基本的には条件などを含めた融資の種類を指す言葉だと言えるでしょう。
両者は同じような意味で使われることが多いのですが、その理由は無担保で個人が借り入れをするときにはカードを用いることが圧倒的に多いからだと言えるでしょう。
しかし、両者は完全に同じではありません。
例えば、不動産担保ローンではカードを用いる事もありますから、カード・ローンの一種と考える事ができるのですが、担保を設定するわけですから、基本的にはキャッシングとは異なると言えるでしょう。
そのほかにも、最近ではインターネット上で借り入れをする事のできるサービスが充実してきていて、担保がなくても借り入れのできる個人向けの融資のサービスが覆う提供されています。
このようなサービスは担保を必要としない個人向けの融資と言うことですからキャッシングの一種と考える事ができるのですが、インターネットで手続きをするためにカードを用いる事はありませんからカード・ローンではないのです。

お金を借りる前に読むサイト【入門編】